早起きの朝

昨日は早く寝たのでさすがに今日は早起き。目が覚めたのは5時半くらいでしたが、結局布団を出たのは6時。ワンコはまだベッドでしたが、私が起きだしてしばらくすると起きてきました。いつもは私が起きてからも寝たいときは寝ているので、付き合ってくれたのでしょうか?夜更かしはやっぱりワンコにも良くないんですね。これからは努めて早寝・早起きを心がけたいと思います。 昨日に比べて3時間も長い午前中。今

続きを読む

まさかの朝

今朝は目を覚ましたら9時を回っていました。さすがにこれはまずい… スマホのアラームがキレているところを見ると、たぶん二度寝… 寝過ごすことはあっても、平日にこの時間はさすがにまずい… いつもなら朝からしっかり食べるところをおにぎり1個で済ませ、仕事を始めたところかなり快調で、結果的には普段よりはかどったのは不思議。やっぱり仕事って「密度」なんですね~ ただ、夕方になると背中が痛

続きを読む

デッドラインを設けよう

少しでも効率的に仕事を進めようと数冊読んだ本の中に「デッドラインを設定しよう」と書いてありました。例えば「今日中」「午前中」にここまで仕上げる、と言うのを決めておくと言うことですね。なんだか当たり前のように思われるかもしれませんが、納期の長いお仕事を複数抱えている場合には、実はこれって意外に難しい… やりやすいものばかり先に手を付けてしまって大変なものばかりが残ってしまい途方にくれたり、ひ

続きを読む

朝の習慣

最近、自分の仕事のやり方を見直す一環として本を読んだりしています。無料のWeb記事にもとても役に立つものもありますが、やはり効率が悪い… 自分の今知りたいことだけをまとめてくれている書籍と言うのはやはりありがたいですね。以前は「本はやっぱり紙じゃなきゃ」などと思っていましたが、近ごろはすっかり「電子書籍」派。Kindle版が無いと購入をためらってしまうようになってしまいました。変われば変わ

続きを読む

気持ちって大事

今日はなんだか体調が良くなくて、昼間少し横になってしまいました。ここのところずっと「このままだとたぶんまずい…」と言う状況が続き、風邪薬を飲んだりしていたのですが、風邪をひいてしまうわけでもなく、かと言って治り切らず、単に調子が良くないという感じが続いているのです。背中が痛いだけでなく、QPiを飲み始めてからはおさまっていた肩こりもひどく、机に向かっているのが辛い… でも、温めたチェリーピ

続きを読む

褒めること・褒められること

在宅ワークを始めたとき、最初に取り組んだのがライティングでした。たくさん仕事があったからですが、子供のころから本を読むのが好きだったことや、ブログなどもやっていたりしたので、取り組みやすいと言うのも理由でした。 それまで十数年、中小企業でシステム担当をしていたため、PCの選定から設定、ホームページの作成・運営、システムの導入など幅広くやってきましたが、その時々で必要なことを見よう見まねで

続きを読む

寝坊した朝

今日はベッド抜け出したのが10時を過ぎていました。その少し前から目は覚めていたのですが、実際に起きたのはそんな時間。完全に朝寝坊ですね。確かその前に一瞬目が覚めたような記憶はあるのですが、「いいや、今日はゆっくり寝ちゃおう」と思ったような… いつもなら「あ~あ、こんな時間になっちゃって…」などと思ってしまうのですが、今朝は不思議と罪悪感はなく、「ゆっくり眠れた」と言う感じ。昨日はそれほど遅

続きを読む

金曜日の夜

曜日に関係なく仕事をしているので「土日だから」と言って特に関係はないのですが、それでも金曜日の夜はやはり気分が違います。お酒が大好きなので、毎日夕飯のときには好きなものを飲んではいるのですが、できれば「夜の部」も頑張りたいところなので酔っぱらってしまうほど飲む、と言うのはやはり難しい感じですね。と言いつつも「今日は、もう無理!」と言って寝てしまうこともあるのですが(^^; でも、金曜

続きを読む

食欲の秋

今年はなんだか夏が短くて、その割には10月に入っても暑く、その後急に寒くなってしまった気がします。シャツで過ごす期間が短くて、一気にニットに突入した感じ。先日ネットで購入したユニクロのニットのストールを羽織って頑張っていたのですが、ついにウルトラライトダウンを出してしまいました。肩こりがひどいので窮屈な服や重たいものはダメなので、室内でもウルトラライトダウンを愛用しています。少し前にはガス

続きを読む

仕事は「選ぶ」ことが大切

今の日本では「職業=どんな会社に勤めているか」と捉えられがちで、だからこそ就活が話題になるんだろうと思う今日この頃。ただ、この点については「いつ産まれたか」に大きく左右されるので、実際には自分の努力だけではない「大きな力」はやはり無視することはできないんだろうと思っています。 それほど苦も無く就職でき、転職も可能だった時代もあった一方で、優秀な人材であっても就職が難しい氷河期と言われ

続きを読む