今の歯医者さんは痛くない

引越しを機に、本格的な歯の治療を始めました。数年前、鎮痛剤が効かないほどの痛みで歯槽膿漏が発覚、治療を続けて来ましたが、はかばかしい効果がなかったことが理由です。

以前、通っていた歯医者さんは、詰め物や被せ物などは一度で合わせてくれる評判の先生でしたが、設備ややり方は昔ながらと言った感じで、歯槽膿漏の治療は歯石を取ることと注射、あとは「歯間ブラシを使ってますか?」「よく磨いてください」だけ。「歯磨きで歯槽膿漏は治らないのでは?」と疑問でした。

一時期、歯医者さんの紹介記事を書いていたことがあって、最近では無痛治療を謳うクリニックが増えていること、表面麻酔を塗った後に注射する二段階麻酔や、電動麻酔のことを知りました。デジタルレントゲンなど最新式の設備や、インプラントなどの治療法の記事を書いていても実際に見たことはなく、子どもの頃から受けていたのとあまり違わない治療を受けていたのです。

今、通っている歯医者さんで初めてデジタルレントゲンを見て「これが!」と衝撃を受けました。診療台にはそれぞれテレビがついており、マウスが置いてあるのはパソコンにつないで映像を映すためでしょう。私が説明を受けたときはレントゲン写真でしたが、それもパノラマのような歯茎全体が映ったもの。歯だけでなく歯茎の様子までとてもよくわかります。

先生によれば、奥はだいぶ歯槽膿漏が進んでいて骨が溶けていること、いったん歯石を取った後、麻酔をしてさらに取り、右上の奥は歯肉を切開して歯石を取れば歯茎が上がる可能性があることなどの説明を受けました。これまでと違い、積極的な治療をしてもらえるとわかって一安心です。

前の病院では歯石は先生自らガリガリと手動?でとってくださいましたが、今回は器械を使って歯科衛生士さん・先生がとってくださいます。麻酔を打つ時も、表面麻酔を塗った後、何度かに分けて麻酔をするので、ほとんど痛みはありません。電動麻酔器を見たのは初めてでしたが、「これが噂の電動麻酔器なのね」とちょっと感動しました。

最初のレントゲンのときは、これまでと比べてとても高いのにビックリしましたが、その後の治療は前の病院とほとんど同じ支払金額です。これほど治療の内容が違うのに、料金が同じなら、やっぱりいい病院に行きたいですよね。

昨日、歯肉を切開してみたところ、予想以上に進行していて、奥歯は抜いたほうがいいかもしれないとのことでしたが、とりあえず様子を見ることになりそうです。2時間の治療中も家に帰ってからも、痛みや腫れはありません。親知らずを抜いたとき、大変だったことを思い出すと、まるで別次元ですね。

考えてみれば、医療だけでなく、美容院も、数年前に比べると劇的に技術は進歩しているように感じます。1日がかりだった縮毛矯正も、今やほんの2~3時間で、カラーも同時にできてしまいます。体にかかる負担も少なく、しかも美容院などは料金も変わらないかむしろ下がっているほど。技術の進歩ってつくづくありがたいなと感じています。

治療が終わった後も、定期的なメンテナンスに通って、できるだけ自分の歯を長持ちさせたいと思っているところです。

コメントは受け付けていません。